2014年11月26日

実例で見る活字書体「きざはし金陵M」①

HT20141126.jpg

『ピラニア〜雨の街、俺たちの絆〜』
(瓜田純士著、太田出版、2009年3月19日)

おなじ作者の『ドブネズミのバラード』(瓜田純士著、太田出版、2008年9月12日)とともに、『ピラニア〜雨の街、俺たちの絆〜』も漢字書体「金陵M」と和字書体「きざはしM」が本文に使われている。
「金陵M」と「きざはしM」が、サブカルチャー系のこのような書物に使われることは予想もしていなかった。しかも横組みである。



明代の南京国子監本から復刻した明朝体「金陵」と組み合わせる和字書体は、和字書体は、明治時代に制作された書体の中から、築地活版製造所五号活字の「きざはし」を選んだ。原資料は近代明朝体との組み合わせだが、動的な結構は「金陵」に合うように思われた。したがって「きざはし」(和字書体三十六景)は最初から字面を小さく設計してある。「明朝体、和字オールド・スタイル、オールド・ローマン」の組み合わせを基本としている。
「きざはし」のほかに、おなじ「和字オールド・スタイル」カテゴリーに属する「さおとめ」(和字書体三十六景)と、「和字ドーン・スタイル」とした「あおい」(和字書体三十六景)との組み合わせも考えた。「あおい」はもともと明朝体風の漢字書体と組み合わされていた。「さおとめ」は清朝体風の漢字書体と組み合わされていたが、明朝体とも相性がいいと思われた。
ほかに「はやと」(和字書体三十六景)との組み合わせも、実際によく見かけている。「和字オールド・スタイル」カテゴリーに属する和字書体は、近代明朝体と組み合わせると少し小さめになる。
posted by 欣喜堂 at 19:00| Comment(0) | 実例で見る活字書体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください