2018年12月08日

実例で見る活字書体「きざはし金陵B」①

HT20181208.jpg

『天文学と印刷 新たな世界像を求めて』図録
(印刷博物館、2018年10月20日)

印刷博物館の企画展「天文学と印刷 新たな世界像を求めて」を訪れた人のうち、展示ディスプレイからフライヤー、チケットにいたるまで、すなわち大きなサイズから小さなサイズまで、そこに使われていたひとつの書体に気がついた人は少ないのかもしれない。それは喜ぶべきことである。その書体が決して主張することなく、その場に溶け込んでいるということなのだろう。
「きざはし金陵B」という書体である。それは図録にも効果的に使われていた。デザインは中野豪雄さん。この図録は、第60回全国カタログ展図録部門にて、文部科学大臣賞/柏木博賞を受賞された。
posted by 欣喜堂 at 19:00| Comment(0) | 実例で見る活字書体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください